[指文字].※指文字画像をクリックしたら説明文が現れます。印刷はこちら          「手話コーナー」メニューに戻る
あ(A・a)
「あ」=手のひら側を前に向け、人差し指から小指までの四本指を折り曲げて親指だけを残す。アルファベット「A」の指文字と同じ。
い(I・i)
「い」=手のひら側を前に向け、親指から薬指までの4本指を折り曲げて小指だけを残す。アルファベット「I」の指文字と同じ。
う(U・u)
「う」=手のひら側を前に向け、人差し指と中指だけをまっすぐに立てる。アルファベット「U」の指文字と同じ。
え(E・e)
「え」=手のひら側を前に向け、全指の第二間接を曲げる。アルファベット「E」の指文字と同じ。
お(O・o)
「お」=立てた片手の手のひらを横に向けて、全指をそろえて湾曲させる。人差し指と親指の先は円形にしてくっつける。アルファベット「O」の指文字と同じ。
か(KA・ka)
「か」=人差し指と中指を開いて立てて、“Vサイン”に似ているが、親指の先を中指の中ほどに添える形。アルファベット「K」の指文字と同じ。
き(KI・ki)
「き」=手のひらを前に向け、人差し指と小指を立てた状態で、親指と中指と薬指だけを、伸ばしたまま指の付け根から曲げて、指先を重ね合わす。おなじみの影絵の「きつね」。
く(KU・ku)
「く」=手の甲を前に向け横倒しの状態で、人差し指から小指までをそろえる。親指は立てたまま。指数字「九」と同じ。
け(KE・ke)
「け」=手のひらを前に向け、人差し指から小指をそろえて立て、親指だけを曲げる。「敬礼」の手の形のイメージ。
こ(KO・ko)
「こ」=手のひらを立てた状態で横向きにして、人差し指から小指までを、伸ばしたままで、指の付け根から直角(90度)に曲げる。親指は立てたまま。カタカナの「コ」のイメージ。
さ(SA・sa)
「さ」=手のひらを前に向け、全指を折り曲げて「グー」のコブシを作る。アルファベット「S」の指文字と同じ。
し(SI・si)
「し」=手の甲を前に向け、横倒しの状態で、薬指から小指までを曲げて、親指と人差し指と中指は伸ばす。カタカナの「シ」のイメージ。
す(SU・su)
「す」=「し」の指文字を下向きにする。手の甲を前に向け、下向き状態で、薬指から小指までを曲げて、親指と人差し指と中指は伸ばす。カタカナの「ス」のイメージ。
せ(SE・se)
「せ」=手のひらを前向きで、「グー」をつくり、中指だけを立てる。中指は一番背が高い指であることから。
そ(SO・so)
「そ」=人差し指だけを伸ばして前に向ける。「それ」と指差しのしぐさから。
た(TA・ta)
「た」=親指を立てて“男”と同じ表現。
ち(TI・ti)
「ち」=手のひらを前に向け、小指を立てた状態で、親指から薬指を指の付け根から折り、親指と人差し指を重ねる。指数字の「千」と同じ。漢数字の「千」はカタカナの「チ」に似てますね。
つ(TU・tu)
「つ」=手のひらを前に向け、小指と薬指を立てた状態で、親指から中指を指の付け根から折り、親指と人差し指を重ねる。指数字の「百」と同じ。「おつまみ」のイメージ。
て(TE・te)
「て」=手のひらを、パッと開いた状態で前に向ける。「手」そのもの。
と(TO・to)
「と」=指文字「な」を180度回転。手の甲を前に向け、人差し指と中指だけを立てる。「私とあなたと」の「と」の意味。または、「戸」をノックする「と」から。
な(NA・na)
「な」=手の甲を前向きの状態で、指を下に向け、人差し指と中指だけを伸ばし、親指と薬指と小指は折り曲げる。アルファベット「N」の指文字と同じ。
に(NI・ni)
「に」=指文字「な」を横に倒す。手の甲を前向きの状態で、指を横に向け、人差し指と中指だけを伸ばし、親指と薬指と小指は折り曲げる。指数字「二」と同じ。
ぬ(NU・nu)
「ぬ」=立てた人差し指を、第二間接から折り曲げる。「ぬすっと」の表現に由来。
ね(NE・ne)
「ね」=手の甲を前に向けた状態で、全指を下向きにする。植物の「根」のイメージ。
の(NO・no)
「の」=手のひらを前に向け、人差し指だけを立てた状態から、人差し指を斜めにカーブを描くように振り下ろす。カタカナ「ノ」を空書。
は(HA・ha)
「は」=指文字「う」の人差し指・中指を横倒しにして前に向ける。ハサミのイメージ。アルファベット「H」の指文字と同じ
ひ(HI・hi)
「ひ」=人差し指だけを立てる。「一つ」と数えるイメージ。
ふ(HU・hu)
「ふ」=下に向けた手の人差し指と親指だけを残し、他指は折り曲げる。カタカナの「フ」のイメージ。
へ(HE・he)
「へ」=下に向けた手の親指と小指だけを残し、他の残り三本指は折り曲げる。カタカナの「へ」のイメージ。
ほ(HO・ho)
「ほ」=立てた手の甲側を前向け、水をすくう時のように、全指をそろえて船状に湾曲させる。船の帆が風を受けて膨らんでいるイメージ。
ま(MA・ma)
「ま」=手を下向きにしたままで、人差し指から薬指の三本指を伸ばし、親指と小指だけを曲げる。アルファベット「M」の指文字と同じ。
み(MI・mi)
「み」=「ま」の指文字を横倒しにする。手の甲を前に向け、横倒しにした状態で、人差し指から薬指の三本指を伸ばし、親指と小指は曲げる。指数字「三」と同じ。
む(MU・mu)
「む」=手の甲を前に向け、横倒しの状態で、中指から小指までを曲げて、親指と人差し指は伸ばす。カタカナの「ム」のイメージ。指数字「六」と同じ。
め(ME・me)
「め」=立てた手のひらを横に向け、親指と人差し指の腹をかさねあわせ、「目」の形を作る。
も(MO・mo)
「も」=上向きの手のひらで、中指から小指を曲げた状態で、親指と人差し指の腹を近づける。「同じ」の手話。
や(YA・ya)
「や」=「へ」の指文字を起こして前向きにする。手のひらを前向きにして、親指と小指をそのまま立て、人差し指から薬指だけを折り曲げる。アルファベット「Y」の指文字と同じ。
ゆ(YU・yu)
「ゆ」=「ま」の指文字を180度回転。手の甲を前に向け、人差し指から薬指はそのまま立て、親指と小指だけ曲げる。「銭湯マーク」の湯気三本のイメージ。
よ(YO・yo)
「よ」=手の甲を前に向け、横倒しの状態で、人差し指から小指はそろえて伸ばし、親指だけを折り曲げる。指数字「四」と同じ。
ら(RA・ra)
「ら」=手のひらを前に向け、人差し指と中指だけを立てた状態で、中指を後ろから人差し指に絡める。アルファベット「R」の指文字と同じ。
り(RI・ri)
「り」=手のひらを前に向け、人差し指と中指だけを立てた状態で、その二指を斜めにカーブを描くように振り下ろす。カタカナ「リ」を一気に空書。
る(RU・ru)
「る」=手のひらを前に向け、親指と人差し指と中指だけを立てた状態。カタカナ「ル」のイメージ。
れ(RE・re)
「れ」=手のひらを前に向け、親指と人差し指だけを立てた状態。カタカナ「レ」のイメージ。
ろ(RO・ro)
「ろ」=立てた人差し指と中指を第二間接から同時に曲げる。「ロープーウェイ」の滑車のイメージ。
わ(WA・wa)
「わ」=手のひらを前に向けた状態で、人差し指と中指と薬指だけを立て、親指と小指は曲げてくっつける。アルファベット「W」の指文字と同じ。
を(WO・wo)
「を」=指文字「お」を後ろに引く。立てた片手の手のひらを横に向けて、全指をそろえて湾曲させる。人差し指と親指の先は円形にしてくっつける。その状態から後ろに引く。
ん(NN・nn)
「ん」=人差し指でカタカナ「ン」を空書。

が・濁音(GA・ga)
「が」濁音=人差し指と中指を開いて立てて、親指の先を中指の中ほどに添える。その状態から右へずらす(右利きの人の場合)。
ざ・濁音(ZA・za)
「ざ」濁音=手のひらを前に向け、全指を折り曲げて「グー」のコブシを作る。その状態から右へずらす(右利きの人の場合)。
だ・濁音(DA・da)
「だ」濁音=親指を立てて“男”と同じ表現。その状態から右へずらす(右利きの人の場合)。
ば・濁音(BA・ba)
「ば」濁音=指文字「う」の人差し指・中指を横倒しにして前に向ける。その状態から右へずらす(右利きの人の場合)。
ぱ・半濁音(PA・pa)
「ぱ」半濁音=指文字「う」の人差し指・中指を横倒しにして前に向ける。その状態から上へずらす。
あー・長音(ー)
「あー」長音=手のひら側を前に向け、人差し指から小指までの四本指を折り曲げて親指だけを残す。その後、人差し指で下へ棒を引っ張る。
っ・促音
「っ」促音=手のひらを前に向け、小指と薬指を立てた状態で、親指から中指を指の付け根から折り、親指と人差し指を重ねる。その状態から後ろへ引く。
ゃ・拗音
「ゃ」拗音=手のひらを前向きにして、親指と小指をそのまま立て、人差し指から薬指だけを折り曲げる。その状態から後ろへ引く。
ゅ・拗音
「ゅ」拗音=手の甲を前に向け、人差し指から薬指はそのまま立て、親指と小指だけ曲げる。その状態から後ろへ引く。
ょ・拗音
「ょ」拗音=手の甲を前に向け、横倒しの状態で、人差し指から小指はそろえて伸ばし、親指だけを折り曲げる。その状態から後ろへ引く。