第18回走ろう歌おう運動会報告
近況報告のトップページに戻る
「2000年はしうた活動」TOPに戻る
次へ
ロゴマーク
ホームへ戻る


2000年5月28日、桜宮小学校で第18回走ろう歌おう大運動会が開催されました。前日までの大雨と天気予報にまで見放されていましたが、当日は嘘のように晴れ上がり「はしうた晴天神話」は今年も健在!午後には夏を思わせる暑さとなりました。
開会式の写真
整列した選手団
選手宣誓
選手宣誓
9時10分、入場行進が始まり、いよいよ開幕です。開会宣言・挨拶の後、昨年優勝の白組よりトロフィーの変換の後、可愛らしい選手宣誓が運動場に響きました。
キム・スガンさんのアコーディオン演奏
心温まる金秀光さんのアコーディオン演奏
宣誓の後は毎年恒例のアコーディオン演奏です。今年も広島から駆けつけてくださった金秀光さんが早速3曲をご披露くださいました。
心が温まったところで今度は体を温める準備体操です。「はしうた」きっての元気お姉さん2人の指導でしっかりと体を伸ばしました。

準備体操
元気いっぱいの準備体操。だれだ?ここでバテたって言ってるのは?
班交流
班交流で藤原さんの竹細工を囲んで
競技に入る前に班ごとに分かれて交流を深めました。自己紹介の後、2人ずつ組になって、指でお互いの手のひらに仮名文字を書きあうことで会話する「手のひら書き」でご挨拶をしました。
この「手のひら書き」は盲ろう者(視覚と聴覚両方に障害を持つ人)がコミュニケーションに使う方法の一つで、そのもどかしさを体験していただきました。その後で実際に盲ろうの障害を持つ藤原章一さんが造っておられる竹細工にふれていただきました。複雑な飾りの付いた竹の器が手探りだけで造られたと知って驚きの声があちこちで聞かれました。重複障害のことをほんの少しですが感じる機会になったのではないでしょうか。


ページのトップに戻る


次へ
「2000年はしうた活動」TOPに戻る   近況報告のトップページに戻る